親知らずの治療・抜歯

contact_tel.png

悩みのたねの親知らず治療も3DCTの的確な診断で。

親知らずを抜いたほうがいいのか、抜かない方がいいのかは、ご相談の多い悩みです。
当院で導入している3DCTでは、その親知らずの悩みも解決します。

最新の3DCTを活用した親知らずの治療・抜歯

親知らずとは

親知らずは、20才前後以降になってから生えてくる、前歯から数えて8番目の大臼歯のことです。
親知らずが先天的に存在せず、生えて来ない方もおられますが、生えてきた場合はまっすぐきれいに生えることが少なく、歯ブラシが届かずに虫歯になったり、歯周病の原因となったりする、ちょっとやっかいな歯です。
患者様ご自身が、自分の親知らずは生えていないと思っていても、歯肉の中に埋まっている「埋伏歯」となっているケースもあります。
親知らずについては、ケースバイケースで、治療方針が違いますのでまずは正確な3DCTでの画像診断をもとにご相談させていただきます。

抜歯をせずに様子を見た方がいい場合

  • 正常に生えている
  • 噛み合わせに参加している
  • 深い位置に埋まっていて、腫れ、痛みが無い
  • 奥まできちんと磨けて、汚れを十分に管理できている

抜歯をした方がいい場合

  • 横や斜めに生えている
  • 親知らずの虫歯が進んで、神経にまで進行している
  • 痛みや腫れなど、不具合が生じている
side_inq.png