抜歯をしないといけないと言われた歯を残す治療

contact_tel.png

できるだけ歯を残して美しい歯並びを実現させます。

当院ではGBR(歯周組織再生誘導治療)とAPF(歯肉弁根尖側移動術)の治療を行っています。
これまで不可能だった治療も、最先端技術で可能になりました。

GBR(歯周組織再生誘導治療)

歯周病などで歯槽骨やあごの骨が痩せて欠損し、インプラントを埋め込むための充分な骨の量が無い場合、GBR(歯肉組織再生誘導治療)を行います。これは、インプラント治療を行う際にインプラントがしっかりと固定されるよう、骨の組織の再生を促す治療です。
インプラントを埋め込み、歯肉の内側に自家骨や骨補填剤を入れ、人工メンブレンで覆い、歯肉を戻します。
およそ4~6ヶ月程度で骨が再生され、インプラントがしっかりと固定されるため、歯周病で歯肉が痩せてしまった方や、現状のままではインプラント治療が不可能な方にも応用できます。骨の再生には少し時間がかかるものの、新しい骨が再生されますので、歯肉も美しく再生され、お口の健康を根本から取り戻す審美歯科治療をするためにはたいへん有効な治療としてお薦めしています。

APF(歯肉弁根尖側移動術)

歯周病などが進行して傷んだ歯周ポケットが深く、歯根が露出してしまっている方にはAPF(歯肉弁根尖側移動術)を行います。これは、これまで歯肉が下がり、歯根が露出して、歯がグラグラになってしまった場合は抜くしか治療方法の無かった歯を、抜かずに再生させる治療法です。
最初に骨膜を骨に残すように切開し、歯周ポケットの深くに入り込んだ歯石や悪くなった組織をきれいに除去します。
つぎに、切開した歯肉の尖端を根尖側に移動させて縫合します。
歯肉は歯の方向へ再生して伸びていきますので、歯肉が伸びて露出していた歯根を覆い、歯周ポケットのない綺麗な歯茎が再生されます。
ご自分の歯を残しながら美しい歯肉を再生し、美しい口元を実現させる審美歯科治療のひとつです。

side_inq.png