審美歯科治療(素材・治療の種類・メリット<違い>)

contact_tel.png

美しい口元を実現するために!

審美歯科治療は見た目にも美しいセラミック素材を使うことで、美しい口元を実現させます。
セラミックにはさまざまな素材があります。

素材

審美歯科では美しい口元を実現するためにほぼ、セラミック素材での治療をします。
歯の美しさ、見た目を整えるために、虫歯の治療などで削った歯や、形の悪い歯を修正して、セラミック素材で補う治療です。
歯の形や歯並びなどにお悩みのある方、保険適用の治療でメタル色の歯があり、大きく口を開けて笑えない、など口元のコンプレックスをお持ちの方のお悩みを解決します。
審美歯科の素材は保険適用外となりますが、長年のお悩みが解決されたなどの嬉しいお声を多数お聞きしています。口元の美しさをセラミック治療で実現できます。

セラミック素材の種類

ハイブリッドセラミック

保険治療などで使用されるレジンとセラミックの中間の素材です。
経年の変色や完全なセラミック素材と比べると透明感に欠けるというデメリットがあり、前歯には適さないため、当院ではあまりお薦めしていません。

メタルボンド

中身(フレーム)は金属で、外から見える部分にのみセラミックを使用したクラウン(かぶせ物)です。 見た目が良く変色せず、強度も高いので奥歯などには適していますが、色調はオールセラミッククラウンに劣ります。

e-max(オールセラミック)

当院でおもに採用しているe-maxオールセラミックは、金属や混ぜ物を一切使用していない、完全なセラミック歯です。 芯材に金属を使用しているメタルボンドセラミックより透明度が高く、本物の歯と見分けがつかないほどの質感を実現します。全体がガラス(ニケイ酸リチウムガラス)を主成分にしたセラミックでできており、とても透明感が高く色調もきれいです。 本来の天然歯と同じか、それ以上の色調・形態を再現します。美しい口元の実現には、このe-max(オールセラミック)がもっともお薦めです。金属を使用しないため金属アレルギーの心配もいりません。

詳しくはこちら

ジルコニアオールセラミック

ジルコニアは、人工ダイヤモンドとして知られるキュービックジルコニアとほぼ同じ成分でできており、強度と美しさを兼ね備えています。
オールセラミックより強度が高く、奥歯やブリッジに適しています。

治療の種類

つめる方法(インレー)

歯の表面に比較的小さな虫歯が出来た場合、虫歯を削り取った部分にセラミックの人工歯をつめる歯科治療法です。前歯の虫歯には用いられません。

かぶせる方法(クラウン)

虫歯で歯を大きく削ったり歯が欠けてしまったりした場合でも、その歯の下にある歯根は健全に残っているケースがほとんどで、そこにセラミックをかぶせる方法です。

貼り付ける方法(ラミネートベニア)

歯の表面を最小限削り、そこに薄いセラミックを貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。

支台築造体/コア

ファイバーコア

当院の審美歯科ではオールセラミックの素材を使う場合は土台が金属だと透けて黒っぽく見えてしまうことから、オールセラミック本来の美しさを損なわないために、歯に近い色、近い性質を持ったファイバーを使った土台を採用しています。

ゴールドコア

ゴールドコアは、金合金(20K)の貴金属を使用した保険適用外の土台です。
耐久性が高く、腐食が起こりにくいことからよく使用されてきましたが、金属であることから、セラミック本来の白さと透明度に影響を及ぼすデメリットはあります。

素材のメリット<違い>

セラミック素材にはそれぞれ特徴がありますが、メタルボンドはe-max(オールセラミック)に比べて強度があることから、奥歯などに適しています。しかし、オールセラミックに比べて透明度が欠けるため、前歯などには透明度が高く、より自然の歯に近いセラミックがお薦めです。
また、ジルコニアオールセラミックは強度もあり美しさも兼ね備えていますが、一般の方には少し白すぎるという面もあります。お仕事で人前に立つ機会の多い方に向いています。

当院では、審美歯科治療を始める前に、それぞれのセラミック素材の特性、メリット、デメリットを詳しく説明させていただき、インフォームドコンセントを大切にしたご相談を行います。
患者様のニーズに合った素材を適材適所に使用し、前歯のお悩み、奥歯のお悩みなど、できるだけご相談内容に添った審美歯科治療を心がけていますので、お気軽にご相談下さい。

side_inq.png